どんなところを借りたらいい?貸倉庫を利用するポイント


コストと交通の便の確認は必須

企業にとって貸倉庫を利用する場合、自社の業務内容やニーズに合わせてどうしても譲れない部分と、ある程度譲歩してもよい部分をチェックしてから決めましょう。どうしても譲れない部分があまり多すぎると、決めづらくなります。そのため、自社の業務内容にどこまで沿うことができる内容か確認してから申し込みましょう。

第一に立地条件です。立地条件の良いところであれば荷物の出し入れが楽になります。幹線道路につながっているかどうか、自社からの距離はどうなのかを確認し、最良の場所を選びましょう。また、コストも大切です。自社の予算に負担がかからない程度の予算を使って利用することが望ましいです。どれくらいなら自社に負担がかからないのか、確認してから選びましょう。

コストを抑えるだけではなくサービスの確認を

倉庫をどのように活用するのかも、企業にとっては重要なポイントです。例として、物流倉庫の中でも発送や返品交換、検品作業などまでオプションとしてついている物流倉庫でなら、コストをかけても利用することが望ましいでしょう。理由の一つに人件費を抑えられるメリットがあるからです。貸倉庫を借りる分ほかの部分でのコストを削減したいと考えるのであれば、コストを抑えて利用できるサービス内容が充実した倉庫を利用してください。なお、保管する自社の商品の中で冷蔵や冷凍が必要となるものがある場合は、コストが割高となることを理解しましょう。コストのメリハリをしっかりしておくことで、自社の業務や予算に大きな影響を与えます。

自社の物流業務を外部委託する3PL、そのための人を雇う必要も人材育成の手間も省けます。ただそうなると物流コスト削減を考えても人材が空洞化しているので戦略策定が難しく、パートナー企業も固定化してしまいます。